日本ドクター
日本ドクター 広告掲載中

ライダル・フォーチュンは、将来有望な医師の方々がご購読されている、勤務医のためのステップアップマガジン「日本のドクター」にも広告を掲載させて頂いております。

紹介


O医師とY里さん

会うたびに、本当に優しさも伝わり良い人と実感はするんだけれども、何かが足りない、、、と思ってしまうY里さん。

O男子は、社会的にも地位のあるお仕事ですし、誰が考えても素晴らしいご職業です。物事にも真面目に取り組む姿勢を見ていて 好感度もあります。ただ、、、何かが足りない! 

 のんびり、おっとりお育ちになっているからかしら?、、と考えてみたり、いえいえ、、、そもそもお付き合いをあまりしたことが無いからかしら?、、とか、色々自分で妄想してみますが、解決の糸口は見つからず、、、そのうち、お付き合いのモチベーションが下がって来てしまってい自分がいる。

この不安と不満を言いたいけれど、言えない状況にもなってきてしまっているらしいので、この状況は問題ですね。 Y里さんは、一人でとっても悩んでしまっていますし、一人で悩むだけでは将来への進展はないでしょう。

さらに、このタイミングで自分の不安を相手に伝えなければ永遠に相手はY里さんの事を理解しないですし、Y里さんが、悩んでいるなんて全く気が付いてはくれません。

気が付いてくれない事に ただただ悲しさだけを感じていても二人の仲は発展しませんし、自分とは違う個体ですので、話さなければ相手は理解してくれません。

 話すことが必要なのです。

聞いていると、O男子のお人柄は、気持に寄り添ってくれて、優しくおっとりしている様子、話して聞いて下さる許容はありそうです。 そうしましたら、、話してみたらどうでしょうか?  思わず、お互いの本音で話せることもあるのです。そうしたら、サプライズの嬉しい医展開もありますよね。

 いままで、男性に自分の不安を話したことが無いチャレンジには勇気が必要ですが、1回試してみると次回からはチャレンジしやすくなります。

 そん事を言うのはどうなの、、、?、、と思わず、相手との距離感を近づける、事、相手に自分から寄り添ってみましょう。

もしかしたら、自分の変化次第で物事は好転するかもしれませんね。 

 

Y里さんと、O男子、期待したいです。

コメントをどうぞ





コメント