日本ドクター
日本ドクター 広告掲載中

ライダル・フォーチュンは、将来有望な医師の方々がご購読されている、勤務医のためのステップアップマガジン「日本のドクター」にも広告を掲載させて頂いております。

紹介


惹きつける会話

やはり電話などの対応が上手な人はお得ですね。お人柄の温かさが伝わるのです。感じが良いです。聞いている私も心地よいです。 生まれつきの声質の良さも相まってその効果は絶大です。単純に伝言ゲームの様に伝えるだけの営業トーク?とか、事務的なお知らせが良くないとは言ってはいないですが、会話の間合いとか言葉の選び方、当然電話口から伝わる感覚、声質は、良いに決まっていますし、会話が楽しいと感じます。 

逆に、話したからいいじゃないという思いでは 自分の言いたい事は相手に伝わりませんし、むしろ、そういう伝え方は反感を買います。その上、威圧的な話し方も相手に聞く耳を待たせないです。感情を相手に伝える方法を間違えている人、言葉の選択を間違えている人は  度々誤解されるのです。 誠実になんていいますが、こんなに一生懸命に話しているのに、伝わらない、、、なんて困った人もいます。 やはり、そういう人は、自分の負の感情ばかりを相手に伝えてしまっている残念なケースだと思います。そういう、習慣になっている事さえ気が付いていない事に同情します。でも気が付いたら修正できると良いですね。 

まずは、人と向き合って話す事の練習からです。時に相手との感覚を現場で感じ取り、あとは、会話の内容で後日相手がどういう反応で行動しているかで双方の会話が成り立っていったかの検証をするといいですね。話し方にも、その人の日常の経験値が表現されているので、検証を増やしていくと良いと思います。

話すことに臆病になる必要はないですが、伝えたい事が上手に伝わるようになるのも、他人との会話で磨かれます。時には傷つくこともありますが、成長するのも人がいてこそです。  

話さなくてもわかるでしょ・・・と、考えているのも誤解は多いものです。単純な事であっても10人いれば10人十色、思いは違います。各々へ対応ができれば話し方の達人です。そこまで万人への対応力をつける必要は無いですが、誰にたいしても一律の話方では益々誤解を生むことは確かです。 やはり、コミュニケーション上手な人は、応用力が広いです。そうなるには、人との会話で学んでいく事が必要です。 

おおよその人と 会話が成り立っていると感じれば、会話力の達人になり、もしかしてモテはじめるかもしれませんね。 

勇気を持って誰とでも話す練習をしてみましょう。勇気は「言う気」です。 白衣医師、爽やか

 

コメントをどうぞ





コメント