日本ドクター
日本ドクター 広告掲載中

ライダル・フォーチュンは、将来有望な医師の方々がご購読されている、勤務医のためのステップアップマガジン「日本のドクター」にも広告を掲載させて頂いております。

紹介


2017年2月 のアーカイブ
お付き合いの事

お付き合い中も盛りあがっているという感覚であれば、とても良い相性だわ~などと感じるのはごく自然の事です。 お互い好感を持っているので、積極的に働きかけて下さると、どんなことでも合わせたり、譲れたり出来るものです。何でもハッピーです。

その上、気分もウキウキしていて、なんでも思う通りに進んで行くのでなおさら居心地もよく、恋愛感情もピークです。 これ以上の組み合わせないわ!  この人!運命の人かもしれない、、、そんな風に思うのも当然です。 

ですが、、、、、ひとたび、二人に問題、相反する事柄が起こったらどうしますか? 

それがお互いにとってどうしようもない問題の場合です。 

Aさんは、相手の話を聞いて直ぐ一緒に生活できないのなら、今後お付き合いをして行く事は無理と諦めました。

Bさんは、パートナーとして最高の相手なので、将来は一緒に生活することを考えて、その問題を解決するべく今後どのような方法で進んで行けばよいか話し合おうと考えました。 

その立場であったらどうしますか?

失いたくない人であったらどうしますか。 

Aさんの場合、その選択もありだと思いますが、、、 もしかして、あまり大切に思っていない?、、そんなことはないですね。相手に無理強いをさせてlくないという配慮かもしれません。 ですが、こういう場合、多くは、将来について細かい話をしていない場合にも起こりうることです。 お互いの思い違いであるケースもあります。

二人で、向き合って話したうえで、別れる選択はしても良いですが、話をする事を避けるのは、二人の出会いが無駄になります。 

これまで、お互いを大切にしてきたのですから、話し合う事を避けないでほしいです。

 お互いを理解できないなら仕方がないですが、、、、 出会った事を大切にしてほしいです。

目の前にいてくれる人には、二度と会えないからです。

 

私の、切なる希望です。

 

婚活アドヴァイスとは、、、

数日前に、捨活で人気の「岡田敏子様」とお話をさせて頂きました。かたづけられない人のところへ出向き、かたづけのお手伝いと人生のお話も絡めて多方面からアドヴァイスをされるそうです。 著書も数多く人気の方です。

 

依頼者の片づけられないお部屋にも出向くので、その人に向き合う事になりその人の人生を目の当たりにするのです。大変な作業ですね。

依頼者が望んでいれば、片づけを通じて今後の人生の歩む方向への修正のアドヴァイスもしていき、実際成功した例も数多いそうです。

自分のお部屋を他人に見せるのは、勇気も必要事ですが、捨てる事が出来ない人は到底見せられないほどすさまじい状況に事になっていて、捨てたいのに捨てられない、、、それで、モヤモヤと悩むらしいです。  モヤモヤと、悩む、、、、その事態無駄であり、連鎖して他の事でも悩むので、その時点で目の前にある自分の課題は解決しないですね。

 

不要なものを捨てられる人は、自分で行動できるので何ら問題はないです。何事も自己解決できる心身の強さがありまだ救われると思います。

ただ、其れを他人の手に委ねなければいけないほど、勇気のある行動が出来ないのであれば、そういう専門の方にお願いすることもお薦めです。

それがきっかけになって 発展することは良い事です、素晴らしい一言で、目の前の霧が晴れれば発展するでしょう。

お話していると、婚活サポートに通じるところもあります。

 

逆にそうでない人は、崖っぷちに立たされないと動かないかもしれませんね。まあ、それもきっかけです。