日本ドクター
日本ドクター 広告掲載中

ライダル・フォーチュンは、将来有望な医師の方々がご購読されている、勤務医のためのステップアップマガジン「日本のドクター」にも広告を掲載させて頂いております。

紹介


2016年5月 のアーカイブ
モテる人

モテる人には、やはり訳があります。

女子の心をつかむのも、男子の心をつかむのも上手です。

コミュニケーション上手なので、仕事も出来る。だから、モテる! 

また、人からどう見られているかも常に気にしている、、、、かっこをつけているわけではなく、相手から不快な思いを持たれないようにしている、、、と、言う、、、、控えめな表現力です。 

人よりデキても、エラそうぶらない・・・・とっても必要です。

相手に不快な思いを伝えない・・・・これは、人付き合いには必要!

不快な人には、二度と会いたくないです。

ただ、不快な感覚は、相手が受け取るものなので、本人は良かれと思っているので解りませんが、目当ての人が離れて行けばそうだと感じましょう。 

ただし、そもそも、相性が良くない、、のは、仕方がないですが、相性が良くないと、自己判断してしまうのも、、、、どうなのかと思います。 

人との相性も 共有力、共感力を育てていく中で上手に育めます。  したがって、とことん工夫しながらお付き合いをしてみましょう。

そうしますと、お付き合いも上手に進みますし、瀬在している自分の魅力も表現できます。 

性格の魅力は、人付き合いの失敗の中から学習してこそ、内面を磨けるものですし、数々の経験値も必要です。そして、「前向き」と言う言葉は必要です。

めんどくさい~なんて言っていると、、、いつまでも理想の人には巡り会えないでしょう、、、、 

 

つまりのところ、人としての魅力は、人と人の間でしか磨けないのです。

臆病にならずに、勇気を持って外界に羽ばたきましょう!

 

思考法

お付き合い始めに、そもそもつまづく人の共通点は、、、、と、考えたら、やっぱり自己中!

どの現場においても自己中は、百害あって一利なしです。 

初対面がとって好感度を持てたので、次回もその調子で進むなんて、神様に決められた人でない限り無理だとつくづつ感じています。なんて私好み!・・・なんて、思っても、きっと飽きる事が来ますし、いやな事もあるのです。そうすると、「えっ?そんな人だったの?」、、、、と、相手を全面否定する人、、、良くあるパターンです。 なのに、毎回同じことを繰り返すあなた!  

そもそも、合わないぐらいが良いのです、合わないからなんとか、合うように努力する。

お互いの距離感を埋めようとする作業で相手の事を大切に考える。なんとなく居心地が良くなるというか、連帯感が生まれる、、、、そういう、コミュニケーションをする人は救われますが、合わないから、全くもって合わせようとしない人、、、。私には合いません、、、の一言で片づけてしまう人。  いつまでも人と付き合えないですし、あなたにお似合いの人を取りこぼしている可能性はあります。 

いつも言っている事ですが、結婚とは、相手のメリット、デメリットへ向き合う事です。

この事をかんがえてみましょう。 

どうしてもNGで、それがこだわりで、こだわりで進行が妨げられているのでしたら、それは、あなたの正しい判断ではないかもしれません。 正しい判断であればとっくに成功しているはずですから。

 180度思考を変えましょう。 それも方法です。