日本ドクター
日本ドクター 広告掲載中

ライダル・フォーチュンは、将来有望な医師の方々がご購読されている、勤務医のためのステップアップマガジン「日本のドクター」にも広告を掲載させて頂いております。

紹介


2015年6月 のアーカイブ
恋愛と結婚

こんにちは。

随分と暑くなってきました。

いよいよ、夏も本番のようです。

 

さて、夏といえば、燃え上がる熱い「恋」の季節でもあります。

似たような感覚を受ける言葉に「愛」がありますが、燃え上がる熱い愛とはいいませんね。

 

「恋」「愛」「恋愛」・・・

 

愛と恋は何が違うのだろうか…

 

恋は、直観の為せる業だそうです。

一方、愛は意思の為せる業…

恋は燃えあがるエネルギー、愛は育むエネルギー。

恋は瞬発性を司り、愛は持続性を司る現象といえます。

 

車は、立ち上がりのスタートダッシュの時に、最もエネルギーを使うそうです。

掃除機など、電化製品の大部分が、スタートダッシュ時のエネルギー消費量が多いですね。

 

人間の生体も然り…スタートダッシュ時に、最もカロリーを消費するそうです。

まず、爆発的なエネルギーでスタートダッシュし、トップスピードを超えたら、惰性も使いながら、クールダウンとウォームアップを繰り返し、上手にエネルギーを回し、本来の目的を達成してゆくわけです。

 

これを、恋愛に置き換えてみると・・・

恋の爆発的な瞬発エネルギーによって、「結婚」創造という状態へのスイッチが入り、二人で一緒にいることさえできれば何だって楽しい時期を超えると、

いよいよ、「カレ・カノ」付き合いの先にあるものに目が向いてくる。

「結婚」という現実に向き合う時には、一時、険悪になったり、悩んだり、傷ついたりする時期も来ます。

コミュニケーションを駆使し、周囲の人々の助力も得ながら、再びウォームアップし、

またまた些細な行き違いでクールダウンし、

再びウォームアップし・・・ ・・・ ・・・を繰り返しながら、

情感や共感、理解、既成の価値観の手放しなどを繰り返すことで上手にエネルギーを回しながら、

結婚という大作業を成し遂げる・・・こんな感じかもしれません。

 

当サロンで、お見合いから交際成立となったご縁をつなぐためには、

しっかり恋愛してから結婚に至ることが、もっとも人間の生体に馴染む方法ではないか・・・と感じるところでございます。

ですから、お見合いのお申込みをされる時、または、お申し込みをお受けさせる時、

「生体としての恋愛対象か否か」・・・をお見極め頂ければと、思っております。Y・E

 

 

 

先日の地震

皆さま、 こんにちは。

 

土曜日の地震、すごかったですね!

帰宅途中の方も多くいらっしゃったのではないですか?私もそのひとり。ブライダル・フォーチュンを出てから電車に乗ってしばらくしましたら、

電車が急停車しました。それから、車内で1時間缶詰め。乗車している方たちは、みなさんスマホで状況の検索をされたり、

家で待つ家族へでしょうか電話をかけて小声で話していたりとざわざわしていました。

動いている電車を乗り継ぎ、なんとか3時間近くかけて帰宅しましたら、家族の変わらぬ顔ぶれにほっと安心しました。

大きな万が一に備えることを改めて感じました。家だけではなく、サロンの営業時間で起こった時の事も考えて備えていきたいと思います。  by. h.k.