日本ドクター
日本ドクター 広告掲載中

ライダル・フォーチュンは、将来有望な医師の方々がご購読されている、勤務医のためのステップアップマガジン「日本のドクター」にも広告を掲載させて頂いております。

紹介


2014年6月 のアーカイブ
大切な出会いには、何が必要?

今日はお顔について           

知り合いの仲人さんから以前聞いた話です。

その男性は、とっても綺麗なお顔立ちで、造作が良いお顔で人並み以上なのです。見た目素敵なカテゴリーに入るのではないでしょうか。ですが、何回かのお見合い後、まだ誰ともお付き合いに至っていないようです。残念! 

人は「見た目が9割」と言われて久しいですが、まさしく見た目素敵!なのです。ただ、なぜか、話し始めるとなにかしら雰囲気が変化するのです。相手にとって不快と思われる事を知らず知らずのうちに表現してしまっているらしいのです。ただ、それがなんであるのかは、今まで検証されていないようです。  

まあ、巷でもそういう事は多いですが、多いからスルー・・・では何の解決策にもなりませんので、その原因を見極め解消して成功へと結びつけてほしいです。 

実際、男性自身も悩んでいらっしゃるとの事、ときおり、自分はいつも誤解されてしまうと思っている方!  もしかしたら、とても大切な何かが相手に正しく伝わっていないかもしれませんし、それは客観的に誰かに検証してもらわなければ自分ではおおよそ気づくことはできないでしょう。 

自分の事は自分が一番良く解っているのだからと思っている方もほとんどです。確かにそうですが、意外に自分の事は偏ってみたりしていますので解らないものです。 

やはり、人の意見も聞いていく、、、それが克服していく方法だとは思います。

では、見た目は何を指しているのでしょうか?  また、他人はあなたの何を見ていると思いますか?  

まさしく、顔の造作を通してその人のお人柄を読み取ろうとアンテナを張っているのです。それを判断する材料に付帯しているものが、ファッション、作法、礼儀から印象つけられる全体の雰囲気です。そうして、それに伴って表現されるお顔の表情、、 それは、自分が日々考えている事です。 

お仕事、プライベートのシーンで初対面時に、相手に物足りなさの不満を感じ、明らかに相手に好感度の印象が薄いと感じたら改善は必要です。

ただ、初対面が得意な方も入ればそうでない方もいます。でも、他人との始まりの最重要ポイントは初対面です。自分の考え癖が表情に出てしまう事を心にとめて、相手の反応が良くなる方法を創っていきましょう。 

ただ、言うは易し行うは難しで、終わらないようにしたいですね。

ご縁に繋がりました♡

ヨーロッパから伝わっているジューンブライドは、「6月の花嫁」と言われて、この月に結婚式を挙げると生涯幸せになるであろうという言い伝えです。  女性なら憧れるのではないでしょうか。  諸説あるとはいえ、幸せになれる気がします。 

さて、本題ですが、お相手探しをしている中の、5人の中の3人目の方とあっという間に限定お付き合いに入ったN香さん37歳。 年齢的に焦る年齢ですし、気持ちは真剣でした。もちろん、皆さん真剣です。 でも、N香さんの場合は、私に伝わってくるエネルギー、迫力とも言いますがそれが他の方とは違いました。また、彼女には人を幸せに出来るオーラがあるようにも伝わってきました。誰にでも好感度が良く見た目も可愛らしい! 可愛げがあるのです。男性の望む優先必須条件にぴったりはまっています。そういう方とお付き合いをすると、将来へ明るい兆しが見えて、何が起こっても二人で共に歩める、困難も楽しい話題になりそうな?感覚を持てます。 素敵なお人柄です。

その上、なんと、、、お相手は、年下の医師です。 

一方で、特に大きな問題はないのですが、二人が一緒になるのに、育ってきた環境が違うため、知り合ってから感情、価値観、生活感等をすりあわせる事をお互いを大切にして努力を重ねてきた二人は、少し時間がかかりましたが、結婚へと繋がりRホテルで来年早々お式を挙げることも決まりました。もちろん、その間、担当として、お互いの視点の違いをどう受け止め理解していくかは、主に女性のほうへアドヴァイスをしていきました。それが、出来たのもK奈さんの気質に許容量の広さがあるからです。

お二人も、年齢の近い、医師と一般職の女性です。 

それぞれ、歩みの方法は違いますが、ご縁に繋がるための最善の方法をとれればと日々考えています。つまり、自分だけの、そして自分のための方法でお相手探しをするのです。